月曜日, 2022年8月15日

注文住宅の間取りの決め方とは?迷ったらやっておきたいこと

家で一番長く過ごす人の意見を聞く注文住宅で家を建てるなら、できるだけ家族全員の意見を反映したものにしたいです。ただし全ての希望を叶えようとすると、意見がなかなかまとまらないのも事実です。そんな時は、家族の中で一番家の中で過ごす時間が長い人の意見を採用しましょう。他にも、洗濯や掃除や料理などの家事を多…

ファミリー向け賃貸住宅の理想の間取りと周辺環境

ファミリー向けの賃貸住宅の間取り夫婦の間に子どもがいる家族におすすめの、賃貸住宅の間取りは2LDK・3DK・3LDKです。特に小さな子どもがいる家族には、家事をしながら育児ができるよう、キッチンからダイニングやリビングが見渡せる間取りがよいでしょう。また、賃貸住宅を選ぶときには間取りだけでなく広さに…

ポイントは収納だった!?注文住宅の間取りで後悔しないためのコツ

そもそも良い間取りとは?家族構成や職業など、人によって良いと感じる間取りは違います。持っている家具家電によっても、部屋を広いと感じたり、狭いと感じたり。感じ方は人それぞれですが、家を建ててから間取りで後悔しないためのポイントとして、収納を充実させることをオススメします!部屋の畳数は変わらなくても、収…

家族構成がポイント!注文住宅の間取りの考え方

二人家族に合う間取り一口に二人家族といっても、生活スタイルは千差万別でしょう。生活リズムがほぼ一緒であれば、お互いがともにいられるよう、共有部分以外のスペースの1部屋の1DKや1LDKでよいかもしれません。ですが、家族が増えたり、仕事が変わるなどして、お互いの生活リズムが合わなくなることも、将来的に…

快適な住居を実現する工夫とは!?デッドスペースと動線の配慮をしよう

デッドスペースを上手に活用しよう注文住宅の設計において、デッドスペースを極力減らすのは大切なことです。どうしてもデッドスペースが生じるときは、収納スペースにするのも手です。収納場所やスペースはたくさんあっても困ることはありません。生活の利便性が向上するに伴って、モノは増えていくのが一般的だからです。…

賃貸選びの意外な落とし穴?問題のある家主を避ける方法

不動産会社を通さない賃貸物件を選ぶデメリット自己所有の物件を貸し出す場合は、宅地建物取引士などの資格は必要ありません。賃貸物件を複数貸し出す場合でも、自己所有なら個人でも営業することは可能です。こうした賃貸物件は、不動産会社を通さないため仲介手数料が必要なく、お得に借りることができます。ところが、賃…

賃貸住宅選びの基本とは!?快適な生活を実現するために

周辺環境を調べておこう駅から近いわりに賃料が安いという理由で賃貸住宅を選んだら、騒音がひどかったという話は少なくありません。主要道路の側面にある、遮音性が低い住宅設計、などの理由で騒音が大きくなるケースは多々あります。騒音の問題に関しては、あまり気にならない人がいる反面、非常に気にするという人もいる…

二世帯住宅を活用して世帯間同居を実現する

二世帯住宅を建てるメリット二世帯住宅は、複数世帯が同居できる注文住宅として知られます。親世帯と子供世帯が一緒に暮らすことは、日々の暮らしを温かみがあるものへと変えていきます。暮らしぶりの充実さと共に、二世帯が同じ家屋に同居することは、建築費を低く抑えるメリットももたらします。建築費用がかさむ部分はあ…

ライフスタイルで選ぶ!自分に合った理想の家造り

あなたはどんな家でどんな暮らしがしたいですか?大きな家でリビングは20畳、各階にトイレと洗面があって、お風呂にはジャグジーを!なんて夢見たこともありましたが、今は厳選したお気に入りのものに囲まれて、シンプルに暮らしたいと思うようになりました。タイニーハウスをご存知ですか?タイニーハウスとは、文字どお…

家づくりを行う上で大切なポイントとは何か!

コンセントの失敗を防ぐには間取り図に家電を配置するマイホームのために注文住宅の建設を考える人は少なくありません。ただ注文住宅の場合、自分たちで家の住宅設計をしなければなりません。したがって、家ができてから失敗したと感じることは数多くあります。とりわけ必要な場所にコンセントがない、コンセントがあっても…

Back to Top