土曜日, 2022年6月25日

限られた土地を有効活用!狭小住宅のメリットとは?

限られた土地を有効活用!狭小住宅のメリットとは?

土地に関する費用を抑えられる

狭小住宅の大きなメリットとして挙げられるのは、土地の費用を抑えられる点です。狭い土地に建てることを前提としているため、高い費用を支払って広い土地を購入する必要がありません。そして、固定資産税を始めとする税金は、土地の広さに応じて額が決められます。そのため、広い土地よりも納める額が少なく済みます。

良い土地が見つかる可能性が高い

住宅を建てる土地を探す場合、治安の良さや近くに学校があるなど、色々なことが条件となります。また、バス停や駅までのアクセス性も重要です。しかし、それらの条件を満たしながら、広さがある土地を見つけるのは非常に大変です。けれど、狭小住宅であれば土地の広さをそこまで重要視しないので、他の条件を満たした良い土地が見つかりやすいです。

条件が良く広い土地だと、価格が高くなりやすいです。価格が安かった場合は人気の物件となり、すでに誰かのものになっている可能性が高いです。その点狭い土地は、狭いという理由だけで価格が安かったり、買い手が付かなかったりすることが珍しくありません。したがって、限られた予算でも、グレードの高い地域に住宅を構えられる可能性があります。

毎日の掃除が楽にできる

狭小住宅はサイズが小さいため、掃除をするのが楽という強みもあります。面積が少ないので掃除機をかける時間は少なく済み、隅々まできれいにするのもそう難しくはありません。したがって、掃除にあまり気力や体力を使わず、コンパクトな生活をしたいという場合に適しています。

狭小住宅は主に都心部に建てられるため、公共交通機関や商業施設が充実していることがメリットです。また、土地代や光熱費を抑えられることも魅力です。

Back to Top