月曜日, 2022年5月23日

札幌の賃貸物件の特徴とは?オートロック物件やブロードバンド物件も割安ってホント?

札幌の賃貸物件の特徴とは?オートロック物件やブロードバンド物件も割安ってホント?

札幌の暮らしは、通勤・通学しやすい

総務省の調査によると、通勤・通学時間の全国平均は、1時間19分です。どうしても時間がかかってしまう首都圏に比べて、北海道では、1時間1分となっています。全国の通勤・通学時間が長い都道府県ランキングでは、34位です。この調査では、持ち家の人も入っているので、賃貸物件に住む場合には、もっと短くすることが可能です。札幌の中心地である中央区でも、ワンルームや1DKなどの部屋が月5万円前後で借りられます。無理せずに、通勤・通学に便利な部屋を選ぶことができます。

オートロック付き物件も安く借りられます

賃貸物件を選ぶときには、安全面も気になりますよね。住民以外の人間が入りにくいオートロック付きの物件は、防犯面で優れているといわれます。一般的には、オートロック付きの物件は家賃が高くなりがちですが、札幌の賃貸物件は、もともと安く、賃貸物件の数が豊富なので、差別化のためにオートロックを付けている物件が多くなっています。札幌なら、お手頃な価格で、オートロック付き物件に住むことが出来ます。

ブロードバンド物件も豊富

札幌での暮らしを思い描いたときに、インターネットの環境が整っているのかどうかが気になる人も多いのでないでしょうか。札幌は、昔から転勤族などが多く、賃貸物件が数多く揃っているので、ブロードバンド物件も豊富にあります。ただ、ブロードバンド物件と書いてあったとしても、どの回線が使えるのかは、様々なので、きちんと確認するようにしましょう。また、インターネット料金が家賃に含まれている場合もありますし、個別に契約するパターンもあります。

札幌の賃貸は市中心部を流れる「創成川」より西に住むか東に住むかがポイントです。西は中央区、西区など、自然が豊かで住みやすい環境です。東は白石区、厚別区など、新千歳空港に近く道外へのアクセスが便利です。

Back to Top