火曜日, 2022年10月4日

広さはどうする?注文住宅の庭を考えるときのポイント

広さはどうする?注文住宅の庭を考えるときのポイント

庭を造るメリットとは?

家を建てる際、庭を広く取っていろいろ活用したいと考える人は多いです。ガーデニングや家庭菜園、バーベキューなどいろいろなアクティビティに使用できる他にも、庭を作ることにはいくつかメリットがあります。まず庭自体が目隠しになるという点。特に住宅の前面に庭を配置すると、玄関が外から見えにくくなるためプライバシーの保護に繋がります。

また、庭に倉庫を設置すれば、アウトドア用品やスポーツ用品を家の中に持ち込むことなく収納することも可能です。泥が付いたアイテムを一々室内に持ち込む必要がなくなるので、家の清潔さを保つと同時に生活の利便性を上げることができます。明るさの確保も見逃せない利点です。庭があると室内に光が差し込みやすくなるため、日中であれば電灯を点ける必要がなくなり、自然な光の中で生活することができます。

目的に合せて考えよう

庭はいろいろなポイントに気をつけながら作る必要があります。まず広さ。子供を遊ばせたい、家族でバーベキューを楽しみたいなどの使い方を考えているなら、3坪(10平方メートル)以上の広さが理想と言われています。庭を広く取ればそれだけ室内面積は小さくなるため、バランスを考える必要があるでしょう。日当たりも重要です。野菜作りやガーデニングを楽しみたいと考えているなら、庭は日当たりのいい方が理想的です。庭が北向きだったり、建物の影に隠れてしまうと生育が悪くなってしまいます。逆に日当たりが悪いと雑草の繁殖が抑えられるため、草むしりの頻度を下げることが可能です。目的に合せて庭の向きを考えましょう。

注文住宅では、家の材料や間取り、外観などを自分好みにすることができます。大阪の注文住宅で、理想の家を建てることが可能です。

Back to Top