火曜日, 2022年10月4日

快適な住居を実現する工夫とは!?デッドスペースと動線の配慮をしよう

快適な住居を実現する工夫とは!?デッドスペースと動線の配慮をしよう

デッドスペースを上手に活用しよう

注文住宅の設計において、デッドスペースを極力減らすのは大切なことです。どうしてもデッドスペースが生じるときは、収納スペースにするのも手です。収納場所やスペースはたくさんあっても困ることはありません。生活の利便性が向上するに伴って、モノは増えていくのが一般的だからです。例えば、今まで使用していなかった空気清浄機を設置したり、はじめてペットを飼ったりしたとき、部屋が想像以上に狭くなることにおどろく人は少なくありません。収納スペースが十分にあれば、室内がすっきりとするので掃除をするときの時間を節約できます。生活動線が快適になれば、洗濯をしたり掃除をしたりするときのストレスも軽減します。

人が移動している場面を想定した住宅設計を

室内では人が移動するので、その状況をシミュレーションした住宅設計が必要です。例えば家族が集まるリビングは、特に動線にこだわりましょう。洗面台で洗顔や歯磨きをしているとき、横の通路が塞がるようでは不便です。脱衣所の横にトイレがある場合、誰かが入浴しているときはトイレを使いにくくなります。適当に決めてしまうと最も後悔するのが住宅設計というわけです。室内の面積が同じであっても、居住人数が1人と2人では後者のほうが狭く感じられるのは間違いありません。互いの行動が干渉しないようにするには、より動線の配置が重要になります。動線ひとつで生活は快適になりますし、逆にストレスの原因にもなるのです。暮らしやすい注文住宅の要素として、ストレスフリーであることは非常に重要です。

名古屋の注文住宅には壁の素材など、家屋の細部に至るまでこだわり抜いた工務店がたくさんあり人気が高いです。

Back to Top