月曜日, 2022年5月23日

二世帯住宅を活用して世帯間同居を実現する

二世帯住宅を活用して世帯間同居を実現する

二世帯住宅を建てるメリット

二世帯住宅は、複数世帯が同居できる注文住宅として知られます。親世帯と子供世帯が一緒に暮らすことは、日々の暮らしを温かみがあるものへと変えていきます。暮らしぶりの充実さと共に、二世帯が同じ家屋に同居することは、建築費を低く抑えるメリットももたらします。建築費用がかさむ部分はありますが、複数の土地を取得する必要が無い部分を考えると、効率的な建築手法とも言えるからです。暮らし始めてからの維持費が少ない点も、二世帯住宅が持つ特徴です。月の光熱費を世帯間で合算できるため、トータルの維持費を低く抑えることが出来るのです。建築費用や維持費以外に、税金が優遇される側面もあります。一定の条件を満たすことが出来れば、固定資産税を半分程度に抑えることが可能です。

二世帯住宅にはどういうものがあるか?

二世帯住宅を建てることに興味はあっても、実際にどのようなタイプがあるかがイメージ出来ない人もいるでしょう。一口に二世帯住宅とは言っても、世帯同士が同一空間で暮らすものだけではありません。入り口から完全な分離を行ない、全く別な世帯が一つの家屋で暮らすように施工することも可能です。世帯間の触れ合いを大切にしたいのであれば、リビングやキッチンなどの、人が触れ合う空間のみ共有化するのも良いでしょう。住宅メーカーの中には、二世帯住宅向けのモデルルームを備えるところもあります。世帯同士で同居することが決まった際には、一度訪ねて見た方が良いでしょう。長きに亘って穏やかに暮らすためには、プライバシーの尊重も重視しなくてはいけません。どの部分までを共有化するかについてを、前もって検討しておくことが大切です。

完全同居型の二世帯住宅では、玄関や浴室などの設備を二世帯で共有できるため、建設時のコストや居住後の光熱費が抑えられます。一方で、プライバシーを確保しづらいのが欠点です。

Back to Top