月曜日, 2022年8月15日

後悔しないために大切なことは!?住みやすい家づくりのために

後悔しないために大切なことは!?住みやすい家づくりのために

快適な間取りを実現する基本

必要以上にモノを増やさないことが大前提になります。モノが増えるほど部屋は狭くなり、動線も不便になっていきます。例えば冷蔵庫や食器棚、食卓などを購入するときは、家族の人数に合わせることが重要です。冷蔵庫が大きすぎると室内が狭くなりますし、電気代も高くなるでしょう。ただし近く家族が増えると予測されるならば、それを考慮したサイズを選んでおく必要があります。

収納スペースは少し多いくらいがちょうどよく、これはモノの散乱を防いだり、掃除を楽にしたりするメリットがあるからです。散らかりやすいと想定される場所に収納スペースを作っておくのが基本です。快適な間取りの条件には、室内をスムーズに移動できることもあります。冷蔵庫とキッチンの距離が遠いと、料理を作るときに不便に感じてしまうでしょう。生活シーンを細かく想定したうえで、間取りを考えていくことが重要です。

生活におけるデメリットを想定しておく

注文住宅は住んでみないと快適性、暮らしやすさが見えてきません。例えば、憧れのバリアフリー空間にしたら、室内に臭いが充満するという話は少なくないです。開放感のある空間は、臭いも滞りやすい側面があります。換気扇の周辺にはある程度広めのスペースを確保しておくのが好ましく、これは臭いを効率よく追い出すためです。例えば、換気扇とオーブントースターの距離が離れていると、室内に油煙が溜まりやすくなるので注意してください。油煙は天井や壁を黄色くさせる要因となり、住宅の資産価値に影響してきます。

それぞれの工務店の良さを明確に知る事ができるため、神奈川の注文住宅を利用する方の多くは依頼する工務店を決めやすい点がメリットです。

Back to Top